明らかに相手の行動が間違っているのに直接的な言葉を理解してくれない時があります。

言葉だけでは理解したフリをされたり、その瞬間にだけ理解されたり。

色んな人と話す機会があるので、相手がどのぐらい僕の伝えたいことを理解してもらっているのかは何となくわかります。

だからこそ、相手によって伝える方法を変えて伝えるようにしています。

言い訳が多い相手

正論で会話しても、自分が正しいと主張されるので物事の本質を理解してもらえません。

自分が優位に進めたい。

自尊心を傷つけずに間違いに気づき認めておもらうのはなかなか難しいです。

真実を妥協したように感じてもらう。

こんな場合、正当な理由を示した後で怒りを抑えながら負けたふりをすることで、

相手が優位に経っているように感じてもらいます。

静かに怒りを見せながらこちらの意見は決して変えずに、

今回だけ相手に価値を譲る。

ここで大切なのは、当事者同士だけで話が終わるようにすることです。

後で結果を周りの人たちが知ったとしても、相手逃げ場が残るように。

相手の性格や特性を感じることは難しいです。

みんな違ってみんな良い。

僕とお話ししてみませんか。

少しは心が楽になるはずだから。

pickup
おすすめの記事