バイクのカテゴリーの中でスーパースポーツが気になる!スーパースポーツをカッコよく乗る方法。

スーパースポーツの250ccのバイクを街中で見かける事が多くなってきました。
新型のCBR1000RR-Rも発表になってワクワクしてきました。

あなたはどんな形のバイクが好きですか。

色鮮やかなデザインとストライプ、日常から抜け出すファッションアイテムとしても
オススメのですよ。
SS(スーパースポーツ)に付いてご紹介しますね。

スーパースポーツ

バイクのカテゴリーの中でスーパースポーツ(以下SS)があります。
以前はレーサーレプリカと呼ばれていたカテゴリーです。
明確な線引きは無いと思います。
呼び名が変化しているのは、現在販売されているSSの車両にレース用のベース車両が存在しなくなったからです。
今は逆で市販車がベースになったレースのカテゴリーが作成されてます。

SS=スポーツ走行をしやすいバイクカテゴリー、と認識してもらって大丈夫です。

人気のSS

250ccクラスと1000ccクラスの車両が人気ですね。

250ccクラスはここ数年、KAWASAKIのninjaがきっかけを作って以来、
復活してきた元気なクラスです。
公道で走っている台数もSSの中で1番多いクラスですね。
国内メーカーで一度開発が止まっていたクラスですが、見事に復帰してきてくれて嬉しい限りです。

1000ccクラスはレースのカテゴリーとしてスーパーバイク世界選手権(SBK)
ワールドスーパーバイクチャンピオンシップ(WSB)等のベース市販車として
国内外の各メーカーが凌ぎを削るクラスになっています。
サーキットを走るためのバイクに公道で乗る事ができるワクワク感がたまらないクラスですね。
運転姿勢もレースで速く走らせるために前傾がキツめです。
車体制御もレースで勝つための最新技術を惜しみなく投入されているので、
運転するあなたの自制心さえあれば1番安全に乗る事が出来るクラスです。

その他の排気量の車両たちは少し違ってSSの雰囲気を持ちながら運転姿勢がもう少し緩やかなツーリング向けのバイクが多いです。
SSのデザインが好きだけどゆったり乗りたい方にオススメです!

SSをカッコよく乗る

SSはレースのイメージがあるのでクールに見えるように心がけたいです。

装備品

S Sをカッコよく乗るために気をつけたいのが、ヘルメットなどの装備品です。

ヘルメットはフルフェイスで顎紐を必ず閉めて下さい。
あとグローブも必須です。
安全のために心がけていると見える装備がSS乗りは特にカッコ良く見えます。

運転姿勢

運転姿勢はSSを長く楽しむために基礎をぜひ体で覚えてもらいたいです。

カッコ良く見えるだけでなく、腰痛や肩こりの予防になるのでぜひやってみて下さい。
運転姿勢に関しては次回の別記事でご紹介します。

まとめ

SSは私の中で封印しようと思っていたカテゴリーです。

カッコ良くて速く走れるバイク達です。
自制心があればこれほど日常から簡単に離れる事ができて気分転換のできるものは無いと思っています。

ただ自制心を失った時にこれほど簡単に色んな物を壊してしまう物なのかも知ってしまいました。

なのであなたにはそう言う悲しい思いをして欲しく無いので安全に対する意識、
自制心を強く持ってもらいたい

それだけ守って貰えれば、こんなに簡単に命を感じられる物は無いですよ。
なので私も復帰したいと思います。

バイクは怖い
乗り物じゃないですよ。
こちらでご案内しています。
⬇️

pickup
おすすめの記事