iPhone11を1週間使っての感想

やっぱり新しい物は良いですね。

ブログやTwitterでiPhoneを使用する機会が増えてきたので、電話とネット検索やゲームアプリだけでは気にならなかった違いを今回はすごく感じました。

iPhone 11と7Plusとの比較

数値等の比較はAppleのホームページなどで確認していただくとして、
こちらの記事としましては私の体感的な違いをお伝えします。

カメラ機能

iPhone 11シリーズになって1番の大きな変更点です。
比較している条件が少し違いますが、こんな感じです。

iPhone7Plus

以前の記事でアイキャッチの中に使用した画像です。
蛍光灯の下でしっかり光がある状態で撮影しました。
これでも十分ですが、ぼやけた印象です。

iPhone 11

こちらも別記事のアイキャッチの中に使用した画像です。
夜間にスプロケットを交換してる時に撮影しました。
光は少ない状況でしたがこちらの方が鮮やかに撮れています。
後ろのアスファルトが特にわかり易く鮮明です。

通話の感覚

電話機としての本来のポイントですが、とても音がクリアに聞こえるようになりました。
特に同じiPhone 11同士で通話した時に感じたのが集音機能も向上したみたいで相手の声の聞こえ方が全く別次元になりました。

インカム(ヘルメットに付ける無線機のような物です。)ごしに通話するとiPhone7の時と感覚が同じなので、明らかにiPhone 11のスピーカーとマイクの性能が向上しています。

ホームボタンが無い違和感

やっと慣れてきましたが未だたまに押そうとしてしまいます。iPadも併用しているので未だホームボタンも使用する端末があるので、頭の体操になって良いですね。

Face ID

こちらは凄く便利です。
さすがにヘルメット越しの口元が隠れるような状況では使えませんが…

アプリ間の移動

画面の下から上え指で撫でるという動きが体質や年齢のせいもあると思うのですが、上手く反応してくれない事があります。

この辺は良くも悪くも自分の体の特性が関係しているので物理キーの方が良いと感じる事は少しあります。

チップ(コンピュータ)

細かな数値的な違いは表現できないですが、色んなアプリの処理がすごく速く感じます。

機種変更の直前もiOSのバージョン13.1で使用していましたが、全然違いました。
やはりチップの世代が違うと機械は性能差を埋めるのは大変ですね。

まとめ

これまでは「新しい物が気になるなぁ」程度で代替えしてきました。気分転換のひとつですね。

今はブログやTwitterの更新が私の生活の一部になってきているので、今回の機種変更をやってすごく良かったです。
写真や動画も使い易くなりましたし、チップの性能向上でブログやTwitterの更新もやり易くなりました。

まだまだ使ってない機能も多いので色々試していきます。

pickup
おすすめの記事