自分のバイクを整備したい(洗車編)

バイクのメンテナンスの中で1番簡単で1番重要なのが洗車です。

何が重要なのか考えてみます。

なぜ洗車?

自分の愛車を綺麗に保ちたい。
この感覚ってすごく良いのですが、今回のテーマとは少し違います。

洗車がメンテナンスの理由

オートバイを綺麗にしたいタイミングって何時ですか?

  • ツーリングに出かける前
  • ツーリングに出かけた後

なんかが思いつきます。このタイミングが最良です。
(いつも綺麗なのがベストですが、きっかけになり易いタイミングです。)

この2つのタイミングはバイクの異常に気付いてほしいタイミングだからです。

洗車のポイント

メンテナンスとしての洗車のポイントです。

  1. エンジンの下回り
  2. サスペンションの摺動部
  3. タイヤ周り
  4. ヘッドライトなどの灯火類
  5. チェーン周り

以上の変化を意識して洗車する事でバイクを安全に走らせるためのメンテナンスになります。

洗車のポイントの判断

先程あげた5つの場所の確認してほしいポイントです。

1.エンジンの下回り

綺麗するよりもエンジンについた泥などを落とすぐらいで構いません。
オイル漏れなどに気付くために、普段の状態を知る事が重要です。

2.サスペンションの摺動部

サスペンションの伸び縮みの時に擦れるメッキのパーツの汚れを確認してほしいです。汚れと同時にサビやオイルのにじみが無いかを確認します。

摺動部の汚れは油漏れの原因になりますので傷を付けない様に洗いましょう。

3.タイヤ周り

釘などを踏んでいないかの確認とタイヤの表面にひび割れが無いかの確認です。

綺麗に見える様にタイヤワックスを塗る方もおられますが、オートバイの特性上タイヤワックスは滑りやすくなるのでしない方が良いですよ。

4.ヘッドライトなどの灯火類

レンズの割れが無いか確認します。割れていると中に水が侵入した場合に電球が光らなくなったりする可能性が上がってしまいます。

5.チェーン周り

給油の状態を確認します。必要であれば給油やたるみの調整をします。

まとめ

洗車はバイクが綺麗になってなおかつメンテナンスが必要な箇所に気付く事ができる大事な作業です。

綺麗なバイクにする事によって心もバイクも蘇ります。

自分もバイクも大切にしましょう!

pickup
おすすめの記事