言霊(コトダマ)

言葉について調べてる中で見つけました。
日本特有の考え方らしいです。他の国の言葉に訳す言葉が見つからないです。

言霊とは

言葉に魂が宿る

しゃべり言葉や文章は発するとその言葉に魂が宿り現実に起こるという考え方です。霊や魂が物事の結果に導くらしいです。

私自身、霊や魂が存在すると認めているわけではないのですが、心と体が結びついていると結果としてつじつまが合うことはこれまでに経験があります。

言葉が持つ力

文章を書くにあたって、言葉選びの重要性を感じています。
皆さんに思いが届くようにと。

結果として同じ事を表現してるはずなのに、相手によって言葉を変えないと想いが届かない事がよくあります。
そういう時ってしっかりと自分の考えがまとまってない時に起こっているのです。

文章を書くときは自分の考えがまとまってから書くようにしています。(まだまだ未熟ですが。)私の考えが正確に伝わるように思いを込めて書いています。
その作業を怠ると言葉が持つ力に振り回されてしまいます。

言葉の力は軽視してはいけません。無意識に発した言葉で世界が変わってしまう事もあり得ますから。

言霊を操る

積極的に言葉をコントロールしていきましょう。

自分が操る事を常に意識していれば自分の言葉に振り回されることも無くなるでしょうし、世の中に溢れている言葉の真意に近づけるはずです。

言霊が本当に存在して、言霊を理解し操る事ができれば新しい自分の力になってくれるのでしっかり学んで行きます。

言霊を使うために

自分のやりたい事、目標を心の中で願うだけではなくてしっかりと文字に書き出したり、誰かに聞いてもらって「言葉」に魂を吹き込んでください。

誰かに伝えて見えない物に力を与えて下さい。

言霊に使われないために

愚痴にも魂は宿ります。
普段から誰かにいう事によって自分にとって良くない話しはするべきではないです。

悪意が言葉に乗れば乗るほど自分に跳ね返ってくる悪意も大きくなります。

愚痴は誰にとっても良い物ではないので「言葉」に使われないために気をつけたいです。

まとめ

「言霊」という日本人特有の概念ですが、学んでみると日本語に定着しているとすごく感じます。

私たちが生活してい特に心を許している人と話すときに「言霊」を意識してみて下さい。
何気ない「言葉」が相手に勇気を与えることも有れば、取り返しのつかない悪意の源になるかもしれないと。

pickup
おすすめの記事