カメラに興味しんしん

ブログを始めてから写真や挿絵を自分で作りたくなりました。

カメラについて調べよう

これまで写真は記憶残すだけで、見てもらう為に取っていませんでした。
見てもらう写真、感動する写真が撮りたい!
私に適したカメラが欲しい!

カメラの種類

最近はデジタルカメラが主流でフィルムの必要なカメラはあまり無いみたいです。

ミラーレス一眼カメラ

今の主流はこちららしいです。SNSの投稿にスマホのカメラよりもさらに良い画質で投稿したい方がこちらを選ぶそうです。一眼レフよりもコンパクトで軽いのがポイントです。映像は液晶画面で確認します。

一眼レフ

本格的な写真を撮るならこちらがオススメです。レンズ越しの映像をファインダーで確認しながら撮るので光のバランス、色などがしっかりわかりやすいです。
液晶画面で確認もできます。

コンデジ

コンパクトデジタルカメラ。略してコンデジ。
iPhoneを持つまでは私も使っていました。
スマホが普及してからは皆さんもスマホのカメラで済ましていませんか?
携帯性と画像の良さをバランスさせたカメラです。
レンズ交換ができないですが、それが良さでもあります。

スマホカメラ

今1番普及しているカメラですね。必要十分ですが、やはり他のカメラと比べると記録用ですね。

コンデジに注目

私が各カテゴリーの中でコンデジに絞った理由は携帯性と価格です。
バイクで移動することが多いので特に携帯性は重視しました。

iPhone7Plusのカメラを比較対象にして選びました。

デュアル12MPカメラ
広角:f/1.8絞り値
望遠:f/2.8絞り値
光学式手振れ補正
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム

これらのスペックに対して私がさらに充実して欲しい機能を持ってるカメラを選びました。

比較したいカメラの要素

コンデジの中でも大きく分けて2種類に分類することが出来ます。

ひとつ目はスマホよりもイメージセンサーが一眼レフやミラーレス一眼のように大きいタイプ。
もうひとつは、スマホよりも光学ズームの大きいタイプです。

イメジセンサー

イメージセンサーは「センサーサイズが大きいほど多くの光を取り込める。」です。
光(色情報)を取り込めると色の細かな違いの再現ができるようになります。

一般的なスマホや実売価格が1〜3万円ぐらいのコンデジは 1/2.3型(6.2x4.6mm)
コンデジの中でもイメージセンサーの大きいものは 1型(13.2x8.8mm)ぐらい
一眼レフカメラやミラーレス一眼は フルサイズ(36.0x24.0mm)から1型(13.2x8.8mm)ぐらいが多いです。

ズーム機能

ズーム機能の中でも光学ズームとデジタルズームがあります。
光学ズームはカメラレンズを動かして焦点距離を変化させて画像を大きくします。
画質が落ちないのが特徴です。
デジタルズームは画像のサイズを変えずに画像データを引き延ばしていきます。
大きくすればするほど画素数が減って画質が荒くなっていきます。

私が重視したいのはスマホでは出来ない高倍率の光学ズームです。

まとめ

高価なま買い物なのでしっかり調べているのですが、カメラ選びをするにあたって今回は要素を絞り込んでみました。

他の要素も学んでいる途中ですので、別記事で紹介します。

pickup
おすすめの記事